アジア人物伝のチラシ

アジア人物伝 -歴史を織りなす人々

2024年5月25日(土)〜
2024年8月18日(日)

教科書や専門書など、私たちが歴史の流れを知るために手に取る情報は、国や地域別にまとめられていることが多いです。本展では、歴史に名を残した「人物」に着目して、日本をふくむアジア全域を対象とした広い視点で古代から近代までの歴史を通覧します。歴史上の人物が成したこととその影響を史料から見ていくことで、国、地域別ではないアジア史として、どのような時代の動きや特徴が浮かび上がってくるのかを探ってみましょう。そして、「あの人とこの人は同じ時代の人なのか!」といった気づきを楽しんでいただけたら幸いです。

展示資料の原題・請求番号はこちら(閲覧停止資料)よりご確認いただけます。
これらの資料は展示終了後、閲覧室でご覧いただけます(一部ご覧いただけない場合もございます)。
詳しい閲覧方法はこちら(資料の閲覧・複写などについて)よりご覧ください。

展示構成とみどころ

1.古代帝国の成立と広大な宗教圏の誕生(紀元前1800年頃~7世紀頃)

『ハンムラビ法典』より、ハンムラビ王の石碑画像 

ハンムラビ(在位:BC1792-BC1750)
『ハンムラビ法典』 V.シェイル 1904年 パリ刊

現在のイラクとその周辺にあたるメソポタミアといわれる地域で、前1880年に都市バビロンを首都とするバビロン王国が誕生しました。歴代王のなかで特に有名なのが5代目のハンムラビです。ハンムラビ王の時代、バビロン王国はメソポタミア地域の諸国を征服、併合して覇権を握りました。その治世の末期に発布されたのが『ハンムラビ法典』です。法典の中心は判例集です。「目には目を」で知られる被害と同じ制裁を行う刑罰は、行き過ぎた報復を抑制する意図がありましたが、加害者の社会的地位によって刑罰は変化しました。
本書は、1902年にイラン西南部のスーサにてフランスの調査隊により発掘されたハンムラビ法典の石碑をフランス語で全訳したものです。

『帝鑑図説』より、始皇帝に関する一場面の画像

始皇帝(BC259-BC210)

『帝鑑図説』帳居正 1572年成立、1606年刊

戦国時代に群雄割拠する国の一つだった秦の王として、前221年に中国史上初めて全国統一を果たし、その後の歴代王朝の基盤を築いたのが始皇帝です。始皇帝に関するもっとも基本的な史料は、秦の次の王朝である前漢の歴史家・司馬遷の歴史書『史記』です。『史記』には、始皇帝が文字を統一したこと、法による統治をしたこと、万里の長城をはじめ様々な土木工事を行ったことなどが記されています。後世には、儒者の視点により始皇帝を暴君のイメージで語る記録も見られるようになります。
明の時代に作られた『帝鑑図説』は、中国歴代の王たちに関して儒教的観点から善行、悪行を解説しています。たとえば、その一節の「焚書坑儒」は、一般に始皇帝による儒者弾圧事件として知られていますが、その詳細については議論がわかれています。

2.世界宗教と地域文化との融合と新たな社会階層の台頭(7世紀~13世紀)(7世紀~13世紀頃)

『歴代君臣図像』より武則天の肖像画

武則天(624?-705)
 『歴代君臣図像』15世紀成立、17世紀刊

武則天は中国史上、唯一の女性皇帝です。唐の太宗の後宮に入りますが、太宗が崩御後に次の高宗の皇后となりました。そして高宗が早くに亡くなると、太子を次々と失脚させ、自らが皇帝となり国号を「周」に改めました(武周革命)。歴代王朝の年代記『資治通鑑』では、周を正統な王朝として認めていないため、武則天は皇帝ではなくあくまで后としています。日本で浸透している「則天武后」という呼び名は、武則天の皇帝即位を否定するために作られた称号です。
一方、科挙による優秀な人材を採用するなど、政治手腕においては高く評価されています。15世紀頃の中国でつくられた肖像画集『歴代君臣図像』では、武則天の肖像に添えた人物評にて、彼女の「人を用いる才」を評価しています。

『小右記』の画像

藤原道長(966-1027)  
『小右記』藤原実資 982~1032年頃(江戸時代写本)

平安時代の日本では、天皇家と姻戚関係を結ぶなどして力をつけた貴族が権勢をふるいました。このような背景のもと、栄華を極めたのが藤原道長・頼通の親子です。天皇を補佐し、左大臣として、ときに代行者として政務を行う摂政・関白の地位について政権を掌握しました。『小右記』は、平安中期の貴族・藤原実資が半世紀以上に渡ってつけた日記で、道長が「この世は自分のためにあるのだ」と詠んだ有名な歌が収録されています。

3.モンゴル帝国によるユーラシア統一からポスト・モンゴル時代へ(13世紀~15世紀)

チンギス・カン(?-1227)
『元朝秘史』13-14世紀頃成立 1903年刊

13世紀はじめ、現在のモンゴルとその周辺地域には複数の遊牧民の集団がありました。これらを統一し、史上最大の領域を有することになるモンゴル帝国を築いたのがチンギス・カンです。『元朝秘史』は、チンギス・カンの生涯とその後継者の治世を中心に、当時の社会構造や慣習などを記しています。モンゴル民族の間で口伝えされた物語のため、伝説も多く含まれ、モンゴル部族の始祖は「蒼き狼」と「青白き鹿」であるとしています。チンギス・カンは1211年に中央北部を支配していた金王朝と開戦し、1215年に金の都・燕京を陥落させました。

北条泰時(1183-1242)
『御成敗式目』室町後期(15-16世紀)書写

『御成敗式目』は鎌倉時代に制定(1232年)された武家政権のための法令です。武家社会の慣習や道徳を元に制定され、幕府の政治的領域における、幕府管轄の裁判についての法的取り決めを明らかにしています。五十一カ条あるその内容は、神社仏閣を重んぜよという条文に始まり、幕府の組織、土地の所有売買、刑事関係の事項、相続など、武士が重視していることが盛り込まれています。この法令を制定した北条泰時は、官位昇進や所領の拡大などに関心を持たなかったという公平無私な姿から、名君、賢王とたたえられることが多かったようです。 

4.強大な国家の繁栄と東西の接触(16~19世紀頃)

バーブル(1483-1530)
『歴史地図帳』シャトラン 1732年 パリ刊

バーブルはムガル帝国の初代君主です。かつて中央アジアから西アジアにかけて大帝国を築いたティムール(1336-1405)の子孫です。アフガニスタンのカブールを拠点に北インドへ進出し、1526年のパーニーパットの戦いでデリーを支配するロディー朝の軍に勝利し、ムガル帝国の端緒を築きました。
図は、フランスの地理学者による世界全域を対象とした歴史地図帳に掲載されたバーブルの肖像です。

織田信長(1534-82)、豊臣秀吉(1537-98)
『絵本太閤記』 1797-1802年刊

16世紀に日本各地に台頭した戦国大名のなかで、特に有名な人物が織田信長です。名立たる大名と戦い、室町幕府を事実上の滅亡に追い込むなど、国内統一を目指して突き進みますが、その途中で命を落としました。
信長の死後に天下統一を果たしたのが、信長の家臣、豊臣秀吉です。図は、豊臣秀吉の生涯を、全84冊でえがいた長編小説です。信長の草履を懐で暖める場面など、秀吉の有名なエピソードが散りばめられています。

5.近代的な国家形成の軌跡(19世紀~20世紀)

ムスタファ・ケマル・アタテュルク(1881?-1938)
『大演説(ヌトゥク)』 ガーズィ・ムスタファ・ケマル 1927年

オスマン帝政の打倒者にしてトルコ共和国の建国者として知られるムスタファ・ケマル・アタテュルクは、共和国建国から4年たった1927年、与党「共和人民党」の大会で6日間連続の総計36時間にも及ぶ大演説を行って、トルコ独立戦争期と共和国建設期の出来事を総括しました。その演説はそのまま同年中に『大演説(ヌトゥク)』として出版され、トルコにおける公定トルコ革命史の基本文献となりました。

ミュージアム開館カレンダー

ミュージアム

10:00〜17:00(入館は16:30まで)
毎週火曜日休館
Tel.03-3942-0280