コロナ禍でも卒業式。

こんにちは!新人MAのアヤセと申します。今回初めてブログを書かせていただくことになり、非常に緊張しております…。どきどき。お家時間のささやかなお供になれば幸いです。

さて。新型コロナウィルスが流行して早くも一年がたってしまいました。
旅行や資格の勉強など、やりたかった事の半分もできず不完全燃焼だった感が否めませんが、それでも時計の針は止まらず、あと1週間と少しで2021年度がはじまろうとしています。早いですね。
皆さまのなかにも、4月から環境ががらりと変わり、新生活が始まる方も多いのではないでしょうか。

私事で恐縮なのですが、私の妹もその一人で、先日専門学校を卒業しました。こんなご時世でちゃんと卒業式できるの…?と思ったのですが、保護者の出席は叶わなかったものの、無事に行われたようで、綺麗な袴姿を披露してくれました。妹かわいい。

やはり、卒業式の袴って少し特別な感じがしますよね。親に見せるという意味合いも強いのかもしれませんが、学校生活の最後に、桜の下で友人と綺麗な姿で写真を撮る…幼いころからの憧れでした。春の華やかな雰囲気と、大正ロマンっぽい感じも相まってさらに素敵です。
最近、街を歩いていても華やかな袴姿の方を見かけると、こちらまでうきうきした気持ちになります。

実は私も昨年度大学を卒業したのですが、その際も無事に卒業式を行うことができました。他大学の友人が卒業式を行えず、袴を着れなかった~と嘆いている中、卒業式を行ってくれた母校には感謝しかありません。謝恩会は残念ながら中止だったのですが、学校近くの桜並木で友人と何枚も写真を撮り、とても素敵な思い出になりました。

とはいえ、式がなくてもおめでたいことに変わりはないですね。卒業される方、おめでとうございます。入学式は無事に行われるといいなぁ。(大学院の入学式がなかったので、実施まだ入学してないと思ってるヤツ)

4月から新生活が始まる方も、引き続き同じ環境が続くという方も、お体に気を付けて、素敵な毎日をお過ごしください。以上、アヤセでした!

最近のブログ記事